なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「餃子(5個)350円」@福徳の写真「東京下町ラーメン」というチープな看板。
一見「ラーショ」的な佇まいの店舗なので、
正直自分は今まで此方は縁の無い店だと思っていた。

しかし先日、浅草開化楼の不死鳥カラス氏が旨い!と
此方の餃子を絶賛していたのを観た。そこに有った
写真は確かに旨そうな「餃子」の画であった。。。

そんな「焼き餃子」を食べに訪問!

5個で350円は高コスパな餃子である。
だが、食べ方が何処かで見た感じ。
そう、浅草の老舗『コント』の餃子に酷似してるのだ。

餃子を大根おろしとカラシで食べる…というシステム!

大好きな『コント』の餃子は、小振りで甘口な野菜餡
の餃子を、カラシ醤油に大根おろしを加えて食べる…。

此方のは、餃子提供前にカラシと大根おろしが入った
小皿を与えられ、自分であとから醤油を入れる。。。

で、此方が推奨するやり方は、
醤油4:酢6を入れ、好みで辣油を。更に付属の
大根おろしとカラシでどうぞ!というパターンである。

さて、肝心な「餃子」の味。
それが『コント』と比べるとかなり脆弱!
甘さも足りなければ、中身の量も少なくて寂しい…。

見た目は普通の大きさの餃子なんだが、
中身はその半分程でヘナっとしてしまう食感が残念だ。


此方は「30年の味力!」と謳っているが、
オープン(リニューアル?)したのは約3年前である。

この「大根おろし&カラシ」という食べ方の餃子は、
『コント』と此方のどちらが古くからやっているのか
分からないが、味や仕様は完全に『コント』の勝ちである!

ご馳走様。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。