なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
74

「餃子 300円」@喜弦の写真平日の18時半過ぎに到着。久し振りにこの時間帯に来たこの界隈で、最近ガード下の飲食街が目立つ。よく見ると横丁ぽくなっており、店舗によって差があるものの人の往来が目立つ。駅のイメージから意外性があり、既に数組入っているこちらのお店についつい入店。この時間こちらは餃子専門店ということがわかった。まずはフェアを実施しているハイボールと掲題のメニューをまずは注文して待つことにする。

出てきた一皿は大きめの器に5個の餃子と何か3色の調味料がきれいな彩りに映った。その後3種の調味料は辛子・柚子胡椒・味噌とのことで、これで食べてくださいとのことであった。なかなか面白い趣向である。餃子は価格を考えると普通の大きさで、これをそのまま食べてみると、アツアツで少し肉汁の出る仕様で美味しい!餡は肉と野菜半々位で、豚肉やキャベツの味が伝わってくる。ニラと白菜も使っている味わいである。これをそれぞれの調味料で食べることにする。辛子をつけて食べてみると、強めの辛さが皮や餡と合って美味しいが、やや辛さが目立つ。少しつけて二度に分けて食べるのが美味しいと思った。柚子胡椒をつけて食べてみると、塩気の強さが最初に目立つものの、柚子の風味と辛みが餃子全体の味わいに合って美味しい!味噌につけて食べてみると、豆の風味の甘さと香ばしさが合っているが、餃子と併せるには少し甘みが強い。こちらも少しつけて二度に分けて食べると美味しいと思った。そう思いつつあっという間に食べてしまった。個人的には柚子胡椒と併せるのが美味しいと思った。

お店の指南通りに食べると餃子を楽しめる流れになると感じられた一皿で、調べてみると夜は餃子専門店・昼は炒飯専門店とのことであった。この場所で専門店をされるのはチャレンジだと思うが、餃子についてはメニューを数種類に限定しており、そして餃子そのもののクオリティも良いと思った。これでさらにボリュームがあったらと思うのは野暮か。面白いお店を見つけたと思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。