なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

平日の22時過ぎに到着。この時間ここにいることは少ないが、明るい灯りと派手なPOPに興味を持ってこの度皆で来店。入店するとこの時間ではあるが先客多数で、賑わいがあった。かなり盛り上がっている卓席の隣に案内される。軽く食べたかったので、生ビールと掲題のメニューをオーダー。そういえば同じ店名が矢切にあったが、同じ系列なのだろうか。この界隈は“メンオウ”と称するお店が多いと思った。

出てきた一皿は以前矢切のお店で食べた時とほぼ同じようなビジュアルで、サイズは大きめで、焼きめもしっかりついていてそこから香ばしい香りが香っていた。タレを作って食べてみると皮の香ばしさと餡からの旨みが出ていて美味しい!皮が少し厚めなのも矢切のお店と同じで良い焼き加減だと思った。餡は野菜多めで、肉は豚肉。そこからジューシーさが出ていて美味しい!食べ進めるとさらにそれがわかる味わいであった。餡そのものは餃子の大きさに比べて多くはなかった。タレは醤油・酢・ラー油で作ったが、正直調味料に目が行き届いているかは疑問である。餃子と併せて食べても旨みがあまり出てこないと思った。餃子は5個食べると量的な満足感があった。

大きめな餃子で、皮の焼きめと相俟って美味しく感じられた。その皮もやや厚めで、矢切のお店と同様パリッとした部分とモチッとした部分の妙で美味しく感じられた。餡についてもほぼ同様の印象で、野菜多めでそこから旨さが出ていると思った。ただ調味料については気になった。たまたまかもしれないが、自分の嗜好とは異なる味わいがあった。次回は昼に来て何かを食べてみようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。