なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

この店には何度か来ているけど、今日初めて気が付きましたよ。横綱メニューとか書いてあるではないですか。ちょっと高めですが、頼んでみました。

美味いね。見た目は普通なんだけど、汁がタップリ入っていて、何だろう、酒?のような味もするし、肉はコリコリして、結論から言うと美味い。

この店は餃子が当たりかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「餃子」@ラーメンショップの写真500円。2017.10.15(日)、12:10頃訪問。自宅徒歩圏、期日前投票後に。何回か前を通って気になっていたが、忘れていた。雨が降っているが、先客4人、後客3人。外から見ると客が入っているかわからないのだが、しっかり常連客がいるんだな。
ラーメンメインだが、餃子も頼んでみることにした。
卓上にはおろしニンニク、ユウキ豆板醤、辣油、黒胡椒、醤油、酢。

餃子は冷凍を餃子焼き機で。
袋?トレイがチラッとしか見えなかったので、業務用か自家製を冷凍しているかは不明だが、業務用の可能性が高いように思われる。
ラーメンと同時に調理が始まるが、冷凍からなので時間がかかる。ラーメン終盤での提供。

中サイズが6個。皮の厚さは普通。
底は焼き目が入っていて、焦げ食感がついているが、ザクッというかポキッというか粉っぽい食感。
生皮のサクサクのほうがベターだが、コレはコレで悪くない。

餡はぎっしりと詰まっている。
挽肉メイン。豚肉か合挽か。肉の味は弱め。
やや粗め挽きか、細かく挽いたものが固まっているか。やや硬めの餡。
ニラなし、野菜は玉葱くらいしかわからなかったが、かなり細かい白菜あたりも入っている?
機械ミンチっぽいが、野菜感は少ない。ニンニクはなしか、微量か。

そのままだと味わいは弱め。
醤油、酢、辣油で。辣油に柑橘系のフルーツっぽい風味。
なんだったかコレ。特徴的で面白い。

辣油はオリジナリティがあって良かったが、本体はやはり業務用っぽい。
醤油酢辣油があれば普通に旨いけれどもそれだけかなぁ。
ほかに頼んでいる人もいなかった。

ラーメンはなかなか。
https://ramendb.supleks.jp/review/1099944.html

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「もち米揚げ餃子」@福盈門の写真172円。2017.10.14(土)、12:00頃訪問。卓上には胡椒、醤油、酢、辣油、具入り辣油。お冷はジャスミン茶ポットあり。
飲茶点心は全て手作り、無化調で15分かかるとのこと。
甘くないとのことで、ちょっと気になったこちらも。

周りの皮は餅米粉から。
ゴマ饅頭みたいで甘みあり。甘いじゃねぇか。。

外側が厚くメインで、餡は少ない。
中は挽肉(豚)、椎茸、筍、海老。醤油系の味付け。
海老の風味がよく効いていて旨いが、いかんせん量が少ない。

外側の皮のモチモチ感と甘みをメインに楽しむ仕様なので、甘いものが苦手な自分にはちょっと厳しい。
ややデザート感覚なので、甘いものが大丈夫な人にはうまいかと思われる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「餃子」@うまいヨ ゆうちゃんラーメンの写真10月15日訪問。
餃子はやや肉汁が多目のもので、味としては普通でした。大きさとしてもそこまでではないので、ラーメンだけで足りない場合は追加で頼むといいと思います。
どうもごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鉄板レインボー餃子(5個)  450円」@Tokyo担々麺RAINBOWの写真なんだろう、この餃子は手作りじゃないっぽい!

業務用の冷凍餃子だろうか?そんな味わいと品質。
皮は厚くてカリモチな食感。
中身はジューシーではないが普通に美味しい内容。

麺とのサイドメニューだから良いけども、
ビールとこの餃子だけだったら、少しテンション下る。
美味くも不味くもない餃子で、450円だと高く感じる。

そういうクォリティの「餃子」であった。。。
ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「餃子」@らーめん 一房の写真平成29年10月 金曜日 21時訪問

 一軒目を後にすると、外は雨。
 すぐ近くのこちらに、呑み目的で入っちゃいました。

 ○餃子
  飲み物だけを購入して呑んでいると、店員さんがお勧めします。
  「うちの餃子美味しいっすよ」
  それだけ言うなら、早速。

  確かにモチモチの皮に味が濃いめの具。
  アルコールとの相性抜群!!
  ただ、普段食べると味が濃いめに感じそうな気も。
  気になるところです

 なんだかんだですべてを完食。
 飲むだけだったのに・・・
 習慣って怖いです・・・

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
82

「棒餃子」@龍門 目黒店の写真540円。2017.10.10(火)、20:00前に訪問。目黒駅近。先客5,6組。卓上調味料なし。アントニオ猪木お気に入りの辛旨チャーハンがあるとの情報を目にして。特製チャーハンをメインに旨そうだったこちらも。

醤油、酢、辣油とともに提供。
皮は薄め。食べ応えは軽め。底面はサクサク。
表面は蒸しによるものだろう、水餃子に近い柔らか食感。
裏のサクサクとの表のムニュッとの食感の違いがいい。

餡は薄くギュッと入っている。
挽肉にニラ、玉葱等。そのままでも味あり。
汁は溢れないが、しっかりジューシィ。
肉と野菜からかもしれないが、鶏スープかも?
ニンニクは不使用か、ほんの少しか。味わいは感じない。

そのまま食べたり、醤油酢辣油で食べたり。どっちでも旨い。
龍門特製チャーハンも旨かった↓
https://chahandb.supleks.jp/review/1098760.html

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「餃子(5個)350円」@福徳の写真「東京下町ラーメン」というチープな看板。
一見「ラーショ」的な佇まいの店舗なので、
正直自分は今まで此方は縁の無い店だと思っていた。

しかし先日、浅草開化楼の不死鳥カラス氏が旨い!と
此方の餃子を絶賛していたのを観た。そこに有った
写真は確かに旨そうな「餃子」の画であった。。。

そんな「焼き餃子」を食べに訪問!

5個で350円は高コスパな餃子である。
だが、食べ方が何処かで見た感じ。
そう、浅草の老舗『コント』の餃子に酷似してるのだ。

餃子を大根おろしとカラシで食べる…というシステム!

大好きな『コント』の餃子は、小振りで甘口な野菜餡
の餃子を、カラシ醤油に大根おろしを加えて食べる…。

此方のは、餃子提供前にカラシと大根おろしが入った
小皿を与えられ、自分であとから醤油を入れる。。。

で、此方が推奨するやり方は、
醤油4:酢6を入れ、好みで辣油を。更に付属の
大根おろしとカラシでどうぞ!というパターンである。

さて、肝心な「餃子」の味。
それが『コント』と比べるとかなり脆弱!
甘さも足りなければ、中身の量も少なくて寂しい…。

見た目は普通の大きさの餃子なんだが、
中身はその半分程でヘナっとしてしまう食感が残念だ。


此方は「30年の味力!」と謳っているが、
オープン(リニューアル?)したのは約3年前である。

この「大根おろし&カラシ」という食べ方の餃子は、
『コント』と此方のどちらが古くからやっているのか
分からないが、味や仕様は完全に『コント』の勝ちである!

ご馳走様。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「ミニセット(880円)」@中華そば一久 新川店の写真※チェーン店っぽい宇部ラーメン店

【訪問時期】2016年10月25日(火)21:20入店、先客6名、後客4名。
【動  機】宇部ラーメン連食
【訪問回数】初訪
【注  文】ミニセット(880円)。
【評  価】こちらは店内外ともチェーン店っぽい感じです。ミニセットは半ラーメン・チャーハン、餃子4ケ、サラダのセットです。3連食なのに。
餃子は標準的な感じ。王将的な大きさの餃子。
ちょっとニンニク風味。
程よいジューシーさで美味しかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「餃子(青と赤各2個を選択) 300円」@辛さ一本道 路山の写真奥羽越NDBの旅:餃子編
平日の14時前に到着。以前ジン1971さんがレビューした青南蛮系のラーメンに興味があって、その時は近くまで来たものの結局行くことができなかった。それから東京・首都圏にも青南や青唐のラーメンを提供するお店ができてこちらを忘れかけていたが、辛い餃子があることを知ってこの度来店。連食となったため、店員さんに餃子だけでもいいと了解をとり券売機のボタンをプッシュ。さすがにこの時間、来店客は数名であった。

出てきた一皿は4個で、餡の色で表面の色が違っているビジュアルである。店員から「左は赤、右は青です」と説明があった。ラー油も青ラー油と赤ラー油の2種備えられていたので、赤は受け皿に、青はダイレクトにタレをぶっかけて食べてみることにする。まずは赤南蛮餃子を食べてみると、結構一味的な辛さが出ている餃子であるが、食べていると麹っぽい味わいが見えている。少しキムチのエッセンスが入っているのかなと思った。美味しいもののしばらく麹的な風味が後味に引っかかった。餡は豚肉・キャベツ・白菜・ニラで、比率は半々位といったところである。青南蛮餃子を食べてみると、辛さは最初あまりなくジワッと出てくる味わいで、ややピーマン的な味わいが肉と一体感があって美味しい!餡は赤とほぼ同じであるが、ニラの存在がわからなかった。2種共ジューシーさがあった。ラー油もしっかりと辛い仕様で、これも旨さに繋がっていた。サクッと4個完食した。

赤南蛮餃子は辛さが最初にビシッときて、それが持続する辛さで、青南蛮餃子はジワッときて、どちらかというと辛さに尖りのない味わいであった。個人的には青である。赤は麹のようなエッセンスが自分にはどうかと思った。青は美味しかったものの、食べている際に出てくるピーマン的な青臭さは意見が分かれると思った。いずれも辛さを主張しており、食べ終わった後満足感があった。次回は青南塩ラーメンを激辛でいこうかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件